中絶手術の方法について

中絶手術の方法

中絶手術 | 中絶する理由

中絶手術の方法 | 掻爬法及び吸引法 | 医師による診断及び許可が必要

子供を望まない状況で妊娠してしまった場合に、中絶手術を行うこととなります。
この手術には、方法がいくつかあり、妊娠の初期、中期など妊娠してからの経過期間によっても使用される手段が異なります。
まず、中絶については妊娠から22週めまでの場合に、人工妊娠中絶を行うことができ、これを過ぎた場合にはいかなる場合でも人工妊娠中絶を行うことができなくなります。
妊娠初期、すなわち妊娠から11週目までの期間において一般的に用いられる中絶手術の方法としては、掻爬法及び吸引法が挙げられます。
正常な妊娠であればこれらの手術は日帰りで行うことができますが、同意書への記入や術前検査などといった手続き、また子宮口を拡げておく術前処置は事前に必要となります。
また、妊娠初期における中絶については妊娠から6週目以降9週目までの間が最も適した機関とされています。